仮想通貨を毎月買う方法について

ビットコインやモナコインなどの仮想通貨が2017年の投資界隈をかなり賑わせましたが、そのビットコインの値動きは年初の10万円から200万円を超える水準まで上昇しました。
1年で20倍になった計算です。

デイトレーダーなどの頻繁にトレードするタイプよりも、むしろ素人的な買って放置しておくタイプの方が仮想通貨投資では成功しているように思います。

では今から仮想通貨を買えるか?買って損しないか?
と考えると、かなり微妙な話になってきます。

仮想通貨の業界は今後も成長していくと思われますが、あまりにも短期間で急激に上昇したことから急落(暴落)の可能性も考慮して投資していく必要があります。

そういったテクニカルな事も考えながら初心者が投資するのは結構危険なんですよね。

ただ、チャンスは掴みたい。

そこで、積立投資という手法の出番があります。

平均購入単価を現在のレートに近づけていく事が出来る

例えば、投資に使えるお金が20万円あったとしましょう。

1ビットコインの価格が200万円の時に、0.1btc買ったとします。
(ビットコインは小数点以下の細かい数量で買うことが可能です。よって少額資金での投資が出来ます)

しかし、半年後にビットコインの価格が100万円まで急落して半減しまったとしたら、20万円が10万円になってしまいます。

含み損に耐え、再び200万円になるまで待つのはかなりしんどいですよね。

そこで、積立投資であれば、20万円あったとしても、2万円×10ヶ月という買い方をしていきます。

そうすると、200万円から100万円に急落している最中にちょっとずつ買っていく事になるので、平均購入単価はかなり下がります。

また、毎月買っていく形になるので、100万円付近で横ばいを続けるようならば、どんどん平均購入単価は下がっていき(140万円、130万円、120万円・・・・と下がり)、再度上昇相場が訪れた時に、利益が出しやすくなります。

最初に買った200万円まで戻ったとしたら、相当な利益が出せるようになる訳です。

つまり、リスクを考えつつ、仮想通貨投資のチャンスを掴みたいと考える人にとっては、積立投資はベストな手法になってくる訳です。

積立投資が出来る仮想通貨の取引所は少ない

そこで問題になってくるのは、どの仮想通貨取引所を使うか?という話です。

そもそも投資信託等では一般的になってきている積立投資に対応している仮想通貨取引所はまだ少なく、その中でも一番低コストで使えるのはZaifです。

おすすめ業者はZaif

取引できる仮想通貨の種類も比較的多く、ビットコインやビットコインキャッシュ、モナコイン、ネム、イーサリアムなど幅広くトレードが出来ます。
(トークンの売買も可能)

積立投資には、ビットコインだけではなく、モナコイン(日本生まれの仮想通貨)も対応しているので、「ちょっとずつ毎月仮想通貨を買ってみたい」という方には1番おすすめな仮想通貨の取引所になりますよ!

※FXの場合はこちらを参考にどうぞ!

FXで外貨を毎月買う方法について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする