FXで外貨を毎月買う方法について

FXで人気のスワップ運用という手法とは?

FX取引というとどんなイメージがありますか??

デイトレード、レバレッジ、リスクが大きい・・・・などですかね?笑

確かに手法によっては、リスクが大きいですし、レバレッジも最大で自己資金の25倍まで利用出来るので、使い方によっては、非常にリスクの大きい投資になります。

しかし、レバレッジはわざわざ高めなくても良いですし、適度な高さでコントロールする事で、少ない資金でも効率的に資産運用させる手助けにもなってくれます。
ようは、使い方を知っているか?知らずに振り回されてしまうか?の差ですね。

また、デイトレードというと、どうしても、一喜一憂してしまい、投資というよりも、投機=ギャンブル的な要素が強くなってしまいます。

当サイトでは、積立投資をおすすめしていますが、FX取引でもこの積立投資という手法が使えるので、詳しく書いていきますね!

高金利な外貨を買うことで、スワップポイントが毎日得られる

日本は現在超低金利な事はご存知だと思います。
貯金していても、ほとんど利息は貰えずに、ATMの時間外手数料の方が高いじゃないか!という状態です。

しかし、この日本が低金利なのを利用して、高金利な外貨を買うことで、その金利の差額(=スワップポイント)を受け取る手法があります。
それが、いわゆるスワップ運用と言われるデイトレードの次くらいに人気のある手法です。

高金利通貨ペアといえば、トルコリラ円、南アフリカランド円、メキシコペソ円

金利差額が大きければ大きいほど毎日受け取れるスワップポイントが高くなるので、政策金利が高い新興国通貨を買うのがおすすめです。

具体的にはトルコリラ円と南アフリカランド円とメキシコペソ円の3種類です。

政策金利は、トルコリラが8.00%、南アフリカランドが6.75%、メキシコペソが7.00%です。

ちなみに日本0.1%です。(低い・・・!)

つまり、この差額の金利分がスワップポイントとして日々受け取れる事になります。
(厳密にはFX業者の手数料が引かれた残りを貰えます)

同じ通貨ペアでもFX業者間で手数料が異なる

そして、同じトルコリラ円という通貨ペアでも、FX会社によって、その手数料にあたる部分(スワップポイントの金額やスプレッド)が高い、安い問題があります。

ここでは結論をズバッとお伝えしますが、3種類の通貨ペアでそれぞれおすすめなFX業者は以下の通りです。

トルコリラ円⇒FXプライムbyGMO
南アフリカランド円⇒YJFX!
メキシコペソ円⇒外為どっとコム

これら3つのFX業者は1000通貨単位の業者です、つまり、少額資金で毎月積み立て投資をするのに適しているFX業者になっています。

他社と比較して有利なスワップポイントを受取れる点、また、1000通貨単位に対応している点で、とても良心的なFX会社ですよ。

積立投資をするならまず間違いない業者ですので、是非一度利用してみてください!

※仮想通貨の買い方はこちらをどうぞ

仮想通貨を毎月買う方法について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする